15期 未知の会2016/4〜2018/3 人と社会の明日のため、次代のリーダーを目指して

未知の会とは

未知の会は北海道中小企業家同友会札幌支部の青年部会であり、40歳代まで(注)の若手経営者の勉強する場です。会員数は353名(2016年4月現在)で、1グループ20数名の16グループに分れて、毎月1回勉強会(例会)を行っています。「若手経営者が胸襟を開いて、ざっくばらんに語り合える場」であるというのが、28年前に発足してから今日に至るまでの未知の会の大きな目的であり、経営者として日々感じている悩みや考えを、会員同士が率直にぶつけ合える事の出来る例会を指向しています。2年間を1活動期とし今第15期(2016年4月-2018年3月)は「「経営者らしく振る舞い、未知の会らしく交流し、同友会らしく学ぶ」をメインテーマに活動を続けています。

(注:期の途中で50歳に なった場合は、その期の終了時に退会となります。)

新着 例会・活動報告