規約・規定

規約・規定

北海道中小企業家同友会札幌支部 未知の会規約

  • (名称)
  • 第1条 本会は、「北海道中小企業家同友会札幌支部未知の会」と称する。
  • (目的)
  • 第2条 本会は、会員の自主的・民主的な組織として、次のことを目的として活動を進める。
    (1) 会員が、同友会の理念と運動の成果を積極的に学び、先輩の知恵を吸収し理解を深め、豊かな感覚を結集して次代の同友会運動を担う力を養う。
    (2) 年代を越えて、共に学び、共に育ちあって、すばらしい経営者に成長することを目指す。
  • (活動)
  • 第3条 本会は、前条の目的を会員の力を合わせ達成していくために、次のような活動を行う。
    (1) グループに分かれ、定例の例会の中で学び合いを進める活動。
    (2) 広く会員に情報を提供し、会を活性化させるための活動。
    (3) 会員全体で学識経験者、他団体などに蓄積された知識を広く吸収、共有する活動。
    (4) 全道及び全国の若手経営者と幅広い協力体制を作り、交流を促進する活動。
    (5) 札幌支部、各地区会と協力、連携し、同友会理念を共有する活動。
    (6) その他目的を達成するための活動。
  • (会員資格)
  • 第4条 本会は、一般社団法人北海道中小企業家同友会札幌支部会員企業の経営者または会員本人で、会の目的に賛同し、その目的達成のために自発的に活動する者を会員とする。
  • (会員期間)
  • 第5条 会員が資格を有する期間は、第9条、第10条、第11条の場合を除き、活動年度終了時に満50才を超えるか、所定の退会届を提出するまでとする。
  • (変更の届出)
  • 第6条 会員は、氏名、役職、連絡先、勤務先等に変更があった場合は、直ちに事務局に届け出るものとする。
  • (会費)
  • 第7条 本会では、会全体並びにグループの運営のために、会費を徴収する。会費は、活動年度会費としてその金額と徴収方法は世話人会及びグループおいて活動年度ごとに決めることとする。
  • (入会)
  • 第8条 本会に入会するには、事務局に対して所定の入会申込書を提出し、世話人会の承認を得るものとする。また入会は活動年度開始時の他、各年度内で計4回を限度とする。
  • (退会)
  • 第9条 本会を退会するには所定の退会届を事務局に提出し世話人会で承認を得ることとする。なお、第4条の会員資格を喪失したときは、自動的に退会扱いとなる。退会に当たっては会に対する債務を完済することとし、また支払い済みの会費は返還されない。
  • (退会勧告)
  • 第10条 本会は、会員が次の各号の一に該当する場合、世話人会の決定により、会員に対し退会勧告をすることができる。なお、退会勧告をうけて退会扱いとなった場合、会に対する債務を完済することとし、また支払い済みの会費は返還されない。
    (1) 長期にわたる催告にかかわらず会に出席をせず、出欠の返事も滞る場合。
    (2) その他、会員として不適当な行為があった場合。
  • (除名)
  • 第11条 本会は、会員が次の各号の一に該当する場合、世話人会の決定により、除名することができる。
    (1) 12ヶ月を超える催告にかかわらず会費を支払わない場合。
    (2) 本人の重大な過失があり、刑事事件で有罪の判決が確定した場合。
  • (機関)
  • 第12条 本会には、次の機関をおく。機関における議決は全員一致を目指して討議を深め、出席者の3分の2以上の賛成によるものとする。会員は誰もが、会のいかなる機関に対しても自由に意見を述べることができ、各機関では提出された意見に対し誠実に検討、審議し、回答することとする。
    (1) 総会
    最高の決定機関で、①活動の総括、②活動方針の決定、③規約の改廃、④代表世話人および世話人の選出、⑤その他重要事項の決議を行う。総会は世話人会の決議を経て代表世話人が招集し、会員の3分の2以上の出席(委任状を含む)をもって成立する。定時総会は年1回開催する。臨時総会は会員の3分の1以上の同意または世話人会が必要と認めたときに開催する。
    (2) 話人会
    総会に次ぐ決定機関で、①具体的な活動内容の決定、②規定、細則の改廃、③会員の入退会の承認及び退会勧告の決定、④総会に提出する議案の作成、⑤その他会を円滑に運営するに当たって必要な事項の決議を行う。世話人会は代表世話人が招集し、世話人の過半数の出席(委任状を含む)で成立する。世話人会は原則として毎月開催する。世話人の3分の1以上の申し出があった場合には、臨時世話人会を開くことができる。
  • (世話人)
  • 第13条 本会には会の円滑な運営のために次の世話人を置く。
    (1) 代表世話人
    会務の全般を統括し、内外に会を代表する。代表世話人の人数は世話人会で決定する。
    (2) 世話人
    グループ内における会員の意向を十分にくみながら会を運営する役割を担う。グループ内における世話人の人数は若干名とする。
  • (世話人の任期)
  • 第14条 世話人の任期は選任された総会当日から2年間または次期の世話人が選任される総会当日までのいずれか短い期間とする。また再任は妨げない。任期の満了によって退任した世話人は、その時点で次期の世話人が就任していない場合、新たに選出された世話人が就任するまでなお世話人としての職務を行う。
  • (活動年度)
  • 第15条 本会の活動年度は、西暦偶数年の4月1日から翌々年3月31日までの1期2年とし、活動年度ごとにグループを再編成するものとする。
  • (事務局)
  • 第16条 本会の事務局は、北海道中小企業家同友会札幌支部内におく。
    -付 則-
    1. この規約の改廃は、総会の決議を必要とする。
    2. この規約の定めにない事項は、世話人会で定める規定、細則の他、北海道中小企業家同友会規約、支部運営規定、総務運営規定、支部会計処理内規に準じるものとする。
    3. この規約は、2003年4月24日より実施する。
    4. この規約は、2005年4月22日に改訂した。
    5. この規約は、2007年4月24日に改訂した。
    6. この規約は、2010年2月5日に改定した。

未知の会運営規定

  • (目的)
  • 第1条 本規定は、北海道中小企業家同友会札幌支部未知の会(以下「本会」という。)の運営に際して、規約で具体的に定められていない事項について記載するもので、運営の一助になることを目的としています。
  • (会への勧誘)
  • 第2条 新たな会員を本会に勧誘する場合、本会の目的と活動内容を十分に理解してもらうよう努めてください。本会は単なる異業種交流会や一方通行の勉強会、懇親だけを目的とした会ではないことに留意してください。
  • (入会に当たって)
  • 第3条
    (1) 本会に入会できるのは規約で定める会員資格を満たしている方となります。
    (2) 期の途中の入会の場合、その時点で50歳以上の場合入会できないものとします。
    (3) 既存の会員は、期が変わっても、会員資格を満たしており、所定の退会届を事務局へ提出するまでは原則として会員として自動で継続します。
    (4) ただし、前項の規定にかかわらず、既存の会員へは会員資格の継続についての意思確認は行うものとします。
  • (オリエンテーションの実施)
  • 第4条
    (1) 初めて本会に入会する場合、必ず本会が実施するオリエンテーションに参加し、本会の目的と活動を理解してもらう必要があります。
    (2) 前項のオリエンテーションに参加できなかった場合は、世話人会にてそれに代わる説明等を行うことでオリエンテーションに替えることができます。
    (3) 本会へ入会を検討する場合、できる限り例会に体験参加することをおすすめしてください。
    (4) オリエンテーション参加後、本会が当初考えていたものと違いがあると感じた場合は、オリエンテーションにて定められた期日までに入会の意志を取り下げることができるものとします。
  • (会費)
  • 第5条
    (1) 本会の会員は未知の会運営会費として、1期12,000円を支払うものとします
    (2) 期の途中の入会の場合、前項の会費は残る期間にて月割りとなります。
    (3) 未知の会運営会費は、本会の運営の他、会員の慶弔に係る支出にあてられます。
    (4) この他、グループ活動会費として各グループにて定めた会費を徴収できるものとします。
  • (退会勧告)
  • 第6条
    (1) 本会の会員が6ヶ月を超えて例会等に参加しない場合、または本会の活動に支障が出るような行為があった場合は、世話人会にて退会勧告を行うかどうか審議するものとします。
    (2) 退会勧告が妥当と認められる場合は、世話人会から所定の文書にて退会勧告書を送付するものとします。
    (3) 退会勧告書を発送してから2週間以内に返答がない場合は、これを受けた会員は会員資格を喪失し退会となります。
  • (除名)
  • 第7条
    (1) 本会の会員が12ヶ月を超えて例会等に参加せず、また会費も納入しない場合は、世話人会にて除名を行うかどうか審議するものとします。
    (2) 除名が妥当と認められる場合は、世話人会から所定の文書にて除名通知書を送付するものとします。
    (3) 除名通知書の発送をもって、これを受けた会員は会員資格を喪失し退会となります。
  • (慶弔)
  • 第8条 本会の会員に別表1で定める慶弔に係る事項があった場合、世話人会の承認により会員本人または法定相続人に対して本会より規定の金額を支出します。
  • (世話人の補充)
  • 第9条 世話人に欠員等が発生し、当該グループの運営に支障が生じる可能性がある場合、世話人会の承認を得た上で総会の承認を得るまで臨時に世話人を補充することができる。なお、臨時の世話人は、規約第13条2項に準じるものとします。
    -付 則-
    1. この規定の改廃は、本会世話人会の決議を必要とします。
    2. この規定の定めにない事項は、本会規約の他、北海道中小企業家同友会規約、支部運営規定、総務運営規定、支部会計処理内規に準じるものとします。
    3. この規定は、2008年4月1日より実施します。
    4. この規定は、2009年3月16日に改訂した。
-別表1-
慶 弔 会員本人 配偶者・子
結 婚 10,000
出 産 10,000
入 院 5,000
死 亡 30,000 10,000

※なお、会員本人死亡の場合、上記とは別途花等を供するものとします。
※入院は1週間を超える場合のみとします。

未知の会同好会活動規定

  • (目的)
  • 第1条 グループの枠を超えた活動を通じて、会員同士の更なる、出会い・学び仲間づくりに繋げる。
  • (入会資格)
  • 第2条 未知の会の会員。
  • (ゲスト参加)
  • 第3条 入会資格があり、同好会の趣旨・活動に興味を持ち、体験参加する事をゲスト参加とする。
  • (入会手続き)
  • 第4条 各同好会で承認して、世話人会に報告する事。
  • (活動内容・報告)
  • 第5条 各同好会で活動内容は各自決める事。活動報告は未知の会ホームページに例会案内、例会報告を各同好会で記載する事。
  • (退会手続き)
  • 第6条 各同好会で承認して、世話人会に報告する事。
  • (会費等)
  • 第7条 各同好会で取り決めをする事。年会費などを徴収する場合は会計報告をする事。
  • (オープン例会)
  • 第8条 未知の会会員以外に参加を求める場合は事前に世話人会の承認をとる事。
    1. この規定の改廃は、本会世話人会の決議を必要とします。
    2. この規定は2011年1月6日より実施します。