16期例会・活動報告

11G 11月例会 震災時も安心!クルマの電動化・知能化

開催日
2018年11月21日(水)
開催場所
北海道日産 本社 会議室
参加人数
16
参加者名
直井さん、軽部さん、藤原さん、町田さん、中村さん、東さん、佐々木重大さん、植竹さん、橋本さん、竹内さん、佐々木伸さん、津村さん、相馬さん、菊地さん、齊藤さん、福田
報告者
グループ11
北海道日産自動車(株)白石店
店長
福田 啓太

報告内容

自動車業界を取巻く課題、エネルギー問題・地球温暖化・渋滞・交通事故を解消するために

ゼロ・エミッションへの取組み(電動化)と交通事故ゼロへの取組み(AI・知能化)が進んでいます。

世界規模で各国政府がEV普及策を公表しており、日本国内でも充電インフラの普及が進んでいます。

技術革新により航続距離の拡大や蓄電性能も年々進歩しておりBPCへの対応としても活用されるようになりました。

自動化が進む中で「自動運転時の事故は誰の責任?」という疑問も出てきますが、法的見解からは

「一義的には運転者の責任(注意義務)」「自動運転ではなく、あくまでドライブアシスト」という位置づけに

なっており、製造メーカーはこの点に合致するような仕組みをクルマに残している。例えば手放しだと自動運転が解除

される等。

例会後は直井世話人のホルモン専隊 もつレンジャーで美味しい鍋を囲み、日本酒祭りで大いに親睦を深めました。