16期例会・活動報告

16期10グループ例会報告

開催日
2019年07月18日(木)
開催場所
さっぽろ村ラジオ、共同会館
参加人数
14
参加者名
佐々木,山本,堀内,大前,高橋,小林,山谷,岩田,戸田,蝦名,高嶋,奥寺,本宮,伊東
報告者
グループ10
(株)ジョイワークス
北海道責任者
伊東かおり

報告内容

7月例会はさっぽろ村ラジオに生出演&講演会でした。

さっぽろ村ラジオは、札幌市東区にあるコミュニティFM放送局です。 地元東区を中心に札幌市内・石狩市・当別町・江別市などで聴くことができる他、 インターネットラジオも実施しており、様々な方々と近い距離で放送する放送局として今年で開局16年目を迎えます。今回の例会は、さっぽろ村ラジオさんにご協力いただいて、メンバー全員でラジオ番組に出演させていただきました!

進行《1》19:00〜20:00 さっぽろ村ラジオ 生放送/番組名「北海道中小企業家同友会presents 北海道中小企業家同友会ってどうゆう会?」

出席メンバーが3班に分かれ、自己紹介・なぜ同友会に入ったか・同友会に入ってよかったこと・未来への展望などをそれぞれパーソナリティの駒嶺さんに進行していただきながら話しました。さらに、最後はざっくばらんに同友会はどんな会?どうやって未知の会に入るのかなどを雑談形式で話し、1時間の番組を生放送で放送していただきました。自分が出演していないタイミングには、ラジオ収録している姿をリアルタイムでインターネットラジオを見ながら隣のカフェで休憩させてもらいました。インターネットラジオは広告を画面の一部に表示したりすることもできるということです。

進行《2》20:15〜21:00 共同会館にて駒嶺守さん(株式会社さっぽろ村ラジオ代表取締役)のお話し会

まず最初にラジオを聞いてくれた友人からのメール文を紹介いただき、ご自身の経歴のお話しとなりました。

コミュニティラジオ局として、災害があった時に伝えることが我々の役割。簡単に潰すこともできない。昨年の胆振東部地震の時は、ご自身が被災している中でも、役割を果たそうとした話などをしてくださいました。

また、さっぽろ村ラジオの取引先スタッフとして技術兼制作をしている齋藤一生さん・長谷川規夫さんにも同席いただき、懇親会ではラジオに関わった経緯などを話してくださいました。

今回の例会を通して、ラジオに出るという貴重な体験ができたことが何よりも大きな学びでしたが、そのあとにラジオの制作に関わる方々と交流ができてメディアとの付き合い方やラジオのビジネスモデルの話などを聞けたのがとても興味深かったです。